【楽しいハロリン】

【楽しいハロリン】

こんにちは 山口です、

昨日はハロ「ウィ」ンでしたね。

我が家の4歳になる長男は
ハロ「ウィ」ンと言えずに、

「ハロリン、ハロリン♪」

とはしゃいでました。

まあ、子供がはしゃぎ回るのは
可愛いもんです。

が、なぜかハロウィンは大人が
乱痴気騒ぎしてますよね。

ニュースの報道を見てて中学校の歴史の
教科書にあった「ええじゃないか」運動を
思い出してしまいました。

「ええじゃないか」運動っていうのを
ご存じない方のために少しだけ解説すると


ええじゃないかは、日本の江戸時代末期の
慶応3年(1867年)8月から12月にかけて、
近畿、四国、東海地方などで発生した騒動。

「天から御札(神符)が降ってくる、これは
慶事の前触れだ。」

という話が広まるとともに、民衆が仮装する
などして囃子言葉の「ええじゃないか」等を
連呼しながら集団で町々を巡って
熱狂的に踊った。
※Wikipediaより引用

というものです。

まあ、この「ええじゃないか」運動てのは
幕末で平和ボケしていた民衆が刺激を
求めて騒いだんだと思います。

幕末の江戸の町は当時の世界的に見ても
かなり裕福で人口も多かったようです。

今の日本(東京)も同じですよね。

戦争から遠ざかって平和な世の中になってます。
(あくまで日本国内では)

しかも、食べるには困らないし
身の回りにはある程度のものはある、、、

なので、心が刺激を求めるんですよね。

ただその反面、

地方はそうでもなくて都市と地方の格差が
広がっていき、その結果、

薩摩、長州、土佐、といった

「”地方発信”の明治維新」

につながっていったワケです。

「歴史は繰り返す」

と言いますよね。

まあさすがに、今の議院内閣制が
覆るようなことなないとは思いますが
もしかすると、


明治維新のような地方発信の
「ビジネス維新」

が起こるかもしれませんね。

その大波に飲み込まれないように
今のうちに備えておくことも
考えてみてください。

で、どのように備えるか、
というと一つは、

「資金を確保しておく」

ということだと思います。

何かあった時にやはり物を言うのは
「お金」です。

なので、

状況にもよりますが「1000万円前後」
は自由になるお金を持っておくと
何とかなると思います。

そうは言っても、

普通に会社員をしてたり
個人ビジネスをしてる人が、

「短期間で1000万円を貯める」

というのは無理があります。

ですので、僕のオススメは

「自分を磨いておく」

ということです。

つまり、

「自分のスキルや知識を上げておく」

ということに尽きると思います。

それならば、例えば今は、

「月収が20万円程度」

ほどだったとしても何らかのカタチで
自分を磨いておくことは可能です。

実はこういう意味もあって、つい先日に
愛媛の個人ビジネスをされている方を
対象に起業した場合に必須となるスキル、

「コピーライティング」

のセミナーを開催してました。

ご参加の方からは、

「参加してラッキーとしか言いようがない。
本当にすごかった!」

といった声も上がっています。

「コピーライティング」というのは
簡単に言うと文章で読む人の心を
動かすテクニックです。

今の世の中のようにインターネットで
商品の広告をする時代では無くては
ならないスキルの一つです。

と言うよりも、

「コピーライティング」を知らずには
ビジネスは成り立たなくなっていきます。

で、この「コピーライティング」を
身につける上で重要なのが、

「いかに文章を上手に書くか?」

ということでは無くて・・

「いかに人の心理を理解できるか?」

なんです。

当然、ある程度の文章力は必要には
なりますが、ハッキリ言うと、そこは
中学生レベルの国語力があれば
大丈夫です。

いや、むしろ、

「あまり高度の文章力は邪魔」

になってきます。

なぜか言うと、

あまりにも文章が上手な人は
自分の文章力に頼ってしまって
読み手の心を理解することを
軽く見てしまうんです。

なので、そういう人の書いた
コピーライティングは

「すごく読みやすいんだけど
読む人の心を動かさない」

ということになってしまいます。

読み手の心が動かなければ
何も買ってくれることはありません。

ただ単に、

「あ~素敵な文章を読んだな」

で終わってしまうワケです。

僕たちのようなビジネスをしている
人間はそれではダメですよね。

やはり自分の扱う商品やサービスを
買ってもらってなんぼの世界です。

なので、

先日のコピーライティングセミナーの
講師だった「神崎崇さん」も
あらゆる心理学を勉強されてます。

その心理学の一つに「NLP」があります。

NLPというのはメンタリズムでも有名な
メンタリストDaiGOたちのような
メンタリストも使っている相手の心を
読んだり、動かしたりすることのできる
「実践的な」心理学です。

世界No1コーチと言われる、

「アンソニー・ロビンズ」

もNLPをベースにしたコーチングを
行っていますし、

「歴代のアメリカ大統領」
(特にレーガン大統領はNLPを使っていたと言われています)

もNLPトレーナーの側近を
付けているそうです。

もし、あなたがこれからの激動の時代を
乗り切るための「何らかのスキルや知識」
を求めているなら、まずは知っておくと
良い心理学の一つだと思います。

まずはこちらから参加してみてください。

「実践心理学NLP体験講座」
[link]http://nlpakira.xsrv.jp/lp1/nlptaiken/

それでは今日はこの辺で
ありがとうございます!

画像に含まれている可能性があるもの:1人、帽子

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*メールアドレス

相手の心を虜にするコミュニケーション術無料レポート

NLPコーチングスクールの動画

NLPの誕生part1

NLPとは?

表象(VAK)システム

人は相手をどう判断しているか?

NLPをマーケティングに活用

最近の記事

PAGE TOP